給湯器水漏れの故障は製品寿命が関係

給湯器の故障の症状のうち、水漏れは一二を争う件数で発生しています。給湯器 水漏れの原因の中にはそのまま放っておくと本体だけでなく、周囲の構造物やひいては建物にまで被害が及ぶこともある重要なトラブルです。特に設置が古い機器からのものは修理では完全に直すことができず、本体機器を交換しなければならないことがあるので、水漏れが見受けられたらすぐに修理業者に相談してみましょう。

■給湯器の故障にはどのようなものがあるか

給湯器のトラブルとして、故障なのか否か判断が付き難いことがあります。最近シャワーのお湯の出が悪くなったとか、ちょっと音が大きくなった、点火し難いことがある、など人間の感覚に頼る異常はなかなか判断し難いです。ただ気のせいだろうとそのまま放っておくと、だんだんその現象が悪化していって、ある日突然お湯が止まってしまうなど急に困る羽目になる可能性があります。
機器本体付近から煙が出ていたり、異様な臭いが立ち込めている、目がチカチカするなどの現象は不完全燃焼の恐れがあります。また小さなボッと言う爆発音や、ピーッと笛が鳴るような音がした場合も空気とガスの供給バランスの崩れによる不完全燃焼が考えられます。
直ちに使用を止めて、止水栓を閉め、ガス式のものであればガスの元栓を確実に閉めて、部屋の換気をしてから修理業者を呼ぶようにしましょう。

■水漏れトラブルの現象は

給湯器の水漏れと言っても故障だけではありません。特に長期間使用していなかった場合には、内部の減圧によって水抜き栓から水が流れ出て来ることがあり、これは異常ではありません。しかし寒冷地で未使用期間が長いと機器の内部の水が凍結している場合もあります。少しでも異常があれば業者に連絡しましょう。
水漏れトラブルのサインとしてはお湯にならずに冷水が出続けたり、機器本体周辺の壁が湿っていたり、機器本体から水滴が落下するなどの現象が見られます。主な原因として、経年劣化によるパッキンなどのゴム部品の劣化があります。ゴムに次いで劣化し易いのが銅管です。錆が発生したり金属疲労による損傷などがあり、銅管の修理費用は高くつきます。

■まとめ
給湯器 水漏れは色々なトラブルの中でも件数が多くて厄介なものです。機器本体や周辺にまで影響を及ぼすばかりでなく、そのまま放置していると一酸化炭素の発生の恐れもあります。一酸化炭素は無臭なので気付くのが遅れ、恐ろしい二次被害も考えられます。水漏れが電気系統に及ぶとショートや発火して重大な事故につながる可能性もあります。
このように給湯器 水漏れは厄介なトラブルですが、その原因の多くが製品寿命に関わるものです。経年劣化が要因とみられる水漏れは設置後7年で始まるとされています。そして設置後10年を経過した給湯器はあらゆる個所からの故障の可能性があります。古い機器を何らかのトラブル時に修理した際には、他の各所も点検してもらいましょう。その時点で修理するより交換した方が安くなる場合もあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ